【早寝早起き】夜型の生活から昼型の生活に戻すためのコツ

ここでは夜型の生活から昼型生活に戻すコツについて解説します。

目次

毎日の睡眠スケジュールを管理する

昼型になるためには、毎晩同じ時間に寝て、朝に起きることが基本となります。睡眠管理アプリを活用して自らの睡眠スケジュールを管理しましょう。

朝の陽の光を受ける

朝日が明るくなってから外に出て朝の陽の光を浴びましょう。これにより体内の脳内時計が調整され、早寝早起きの習慣が作られます。

適度な運動をする

適度な運動により「適度な疲労」を感じることは、昼型生活をサポートするために極めて重要です。ジョグやヨガの週間を生活に組み込んでみましょう。犬を飼っている方は早朝に散歩の習慣を取り入れることも有効です。

食習慣を管理する

夜に寝る前の食事を控えることが有効です。しっかりと午前中に食事することで昼型生活に必要な活力が手に入ります。また飲酒は睡眠の質を悪化させます。夜型の生活から昼型に戻すために、できるだけお酒は控えましょう。

スマートフォンやタブレットの使用を控える

スマートフォンの普及以降、若年層を中心に睡眠障害が社会問題化しています。スマホ使用による不調に警鐘を鳴らしたアンデシュ・ハンセンの著書「スマホ脳」は世界中で大反響となりました。スマホやタブレットの画面から発する赤外線も睡眠の質を悪化させますので、手の届かない場所に置いて使用を控えましょう。

目覚まし時計を購入する

スマホのアラームを目覚まし時計代わりに使っている方は、枕元にスマホを置くのをやめて目覚まし時計を活用しましょう。

以上が夜型の生活から昼型の生活に戻すためのコツとなります。

オススメ記事
関連キーワード