「適応障害」と「うつ病」

心の健康に関して、「適応障害」と「うつ病」はよく誤解される概念です。これらの精神疾患は似ているように見えるかもしれませんが、実際には重要な違いがあります。ここでは、それぞれの疾患がどのように発生し、症状がどのように異なるのかを詳しく解説します。

「適応障害」とは

適応障害は、特定のストレス源(生活の変化、大きな出来事など)に対する適応困難が引き起こす精神的な苦痛を指します。症状はストレス源が現れた数週間から数ヶ月後に現れ、ストレス源がなくなった後、通常は6ヶ月以内に消失します。

「うつ病」とは

一方、うつ病は、慢性的な悲しみ、喪失感、無関心、または希望喪失などの症状によって特徴づけられる精神医学的疾患です。症状は日常生活に影響を及ぼすほど深刻で、長期にわたり続く可能性があります。

「適応障害」と「うつ病」の違い

起因となる要因

適応障害は特定のストレス源によって引き起こされますが、うつ病はストレス源が明確でない場合も多く、遺伝、脳の化学物質の不均衡、ホルモンの変化など多様な要素によって引き起こされると考えられています。

症状の持続期間

適応障害の症状は通常、ストレス源が解消されると消えます。一方、うつ病の症状は長期にわたって続き、適切な治療なしには解消されません。

「適応障害」と「うつ病」は、その原因、症状、持続時間などで異なります。これらの違いを理解することは、自分自身または他人がこれらの疾患を経験しているときに、適切なサポートと治療を求めるために非常に重要です。心当たりを感じたら、まずは医師に相談しましょう。

(監修/医療ジャーナリスト・三山晴子)

オススメ記事