目次

コンテクスト・マーケティングとは

コンテクスト・マーケティングは、現代のビジネスに欠かすことのできない要素となっています。一般的には、それぞれの顧客が持つ独特な状況やニーズに合わせて、マーケティング活動を最適化する手法を指します。起源は、情報技術が発達し、個々の消費者に対する情報収集や分析が可能になった90年代の後半、アメリカを中心に広まりました。

実際の活用

例を挙げると、スポーツウェアの大手企業が、購入履歴からランニングシューズを頻繁に購入する顧客に対し、新商品のランニングシューズ情報や運動に関する有益な情報を提供する。これが、コンテクスト・マーケティングの一端と言えます。

コンテクスト・マーケティングの実施手順

コンテクスト・マーケティングの実施には、大きく分けて以下の3つのステップが存在します。

情報の収集

第一に、情報の収集が重要なステップとなります。購入履歴や閲覧履歴、顧客の基本情報など、顧客の行動や特性に関する情報をデータとして集めます。

情報の分析と理解

次に、集めた情報を分析し、顧客の行動やニーズ、価値観を理解します。具体的には、データ分析ツールを用いて顧客の行動パターンを把握し、そのパターンからニーズを推測します。

適切なアプローチ

最後に、分析結果を基に、適切なマーケティング手法を選択し、顧客へアプローチします。例えば、メールでの情報提供、ウェブサイトでのパーソナライズされたコンテンツ表示など、顧客に最適な方法で情報を提供するのです。

コンテクスト・マーケティングの重要性

インターネットの普及とデータ技術の進化により、個々の消費者へ直接アプローチすることが可能となり、顧客一人ひとりに合わせたマーケティングが求められるようになりました。それぞれの顧客が抱える状況やニーズを理解し、それに応じた情報提供やサービス提供を行うことで、高い顧客満足度と長期的な顧客ロイヤリティを実現することが可能となるのです。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事