目次

プライマリーバランス

プライマリーバランスは、我々の社会、とりわけ国の経済状況を理解する上で必要不可欠なキーワードとなります。

プライマリーバランスの定義

プライマリーバランスは、国や地方自治体の一年間の収入と支出のバランスを示すものです。ただし、ここで言う収入と支出は、金利支払いを除いたものを指します。財政の健全化を目指す際、具体的な目標として使われます。

なぜプライマリーバランスが重要か

国の借金が増え続けると、将来的には税収だけでは金利支払いが賄えなくなる危険があります。このような状況を避けるため、プライマリーバランスが重要となります。プライマリーバランスが黒字であれば、新たに借金をすることなく金利支払いを賄うことができるからです。

プライマリーバランス:日本のケース

日本では、2020年に黒字化を目指していましたが、新型コロナウイルスの影響で達成が難しくなりました。今後の経済状況とともに、黒字化のタイミングが注目されています。日本の場合を見ても、プライマリーバランスは国の財政状況を把握する上で重要な指標と言えるでしょう。

プライマリーバランスと各業界への影響

金融業界への影響

プライマリーバランスは、国債の利回りや信用リスクに直結します。黒字であれば、国債の信用度が上がり、利回りが下がります。この結果、金融市場全体の金利水準に影響を与える可能性があるのです。

産業界への影響

プライマリーバランスが赤字であれば、税収を増やすために税率が上がる可能性があります。これは、企業の利益を圧迫し、経済活動全体に影響を与えることになります。

個人への影響

プライマリーバランスの赤字は、将来的な社会保障制度の維持や税負担の増大を意味します。個々の生活設計にも影響を及ぼし得ます。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事