ヘルペスと帯状疱疹の違いとは?【ウイルスの種類・病状】

ヘルペスと帯状疱疹:原因と特徴

ヘルペスと帯状疱疹は、両者ともヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症ですが、原因となるウイルスの種類と病状には明確な違いがあります。

ヘルペス(通常、口唇ヘルペスや性器ヘルペスを指す)は、主にヘルペスシンプレックスウイルス(HSV)によって引き起こされます。HSVは2つの主要な型に分けられます:HSV-1(主に口唇ヘルペスを引き起こす)とHSV-2(主に性器ヘルペスを引き起こす)。これらのウイルスは、接触感染によって人から人へと伝播します。

一方、帯状疱疹は水痘ヘルペスウイルス(VZV)によって引き起こされます。子供が水痘にかかったときに初めて感染し、その後ウイルスが神経組織に潜伏します。何年もの時間が経過した後、特に免疫力が低下した状態で、ウイルスが再活動し、帯状疱疹という形で再発します。

ヘルペスと帯状疱疹:症状の違い

ヘルペスと帯状疱疹の症状には明確な違いがあります。ヘルペスでは、感染部位に小さな水疱や潰瘍が形成され、かゆみや痛みを伴います。これらの症状は数週間で消失しますが、ウイルスは体内に残り、ストレスや免疫力の低下などが原因で再発することがあります。

一方、帯状疱疹の症状はもっと重篤です。通常、体の一側に帯状に広がる疱疹を形成し、激しい痛みを引き起こします。疱疹は数週間で治ることが多いですが、痛みは疱疹が治った後も長期間続くことがあります。これを帯状疱疹後神経痛(PHN)といいます。

ヘルペスと帯状疱疹の治療

ヘルペスと帯状疱疹の治療法も異なります。ヘルペスの初期症状が現れた場合、抗ウイルス薬を使用することでウイルスの増殖を抑え、症状の軽減や治療期間の短縮が期待できます。

帯状疱疹の場合、初期の症状が現れた時点で抗ウイルス薬の投与が始まることが一般的です。これによりウイルスの増殖を抑え、症状の進行を防ぎます。さらに、痛みを和らげるための鎮痛薬も併用されることが多いです。

帯状疱疹後神経痛の治療

帯状疱疹が治癒した後でも続く神経痛は、帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼ばれ、その治療は困難を伴うことがあります。抗うつ薬や抗てんかん薬、トピカルな局所鎮痛薬などが使用され、症状によっては神経ブロックや神経刺激療法が適用されることもあります。

予防策

ヘルペスや帯状疱疹の予防策についても考察する必要があります。ヘルペスは、接触感染を防ぐことで予防が可能です。特に、ウイルスが活動している(症状が出ている)時には接触を避け、自身が感染している場合には他人への感染を防ぐために注意が必要です。また、免疫力を高めるために健康的なライフスタイルを心掛けることも重要です。

一方、帯状疱疹の予防にはワクチンが有効です。特に、60歳以上の人々に対しては帯状疱疹ワクチンの接種が推奨されています。このワクチンは、帯状疱疹の発症を防ぐだけでなく、帯状疱疹後神経痛のリスクを低減する効果もあります。

まとめ:ヘルペスと帯状疱疹の違い

ヘルペスと帯状疱疹は、同じヘルペスウイルスの一族でありながらも、異なるウイルスにより引き起こされ、症状や治療法に違いがあります。これらの感染症の理解と適切な対処は、感染の予防と管理、そして健康維持に役立ちます。また、帯状疱疹の場合、特に高齢者にはワクチン接種が推奨されているため、必要な医療アドバイスを得ることが重要です。

以上が、ヘルペスと帯状疱疹の違いについての解説です。それぞれの特性を理解し、適切な対処法を身につけることで、これらの感染症から自身と周囲の人々を守るための一助となります。

(監修/薬剤師・佐々木真弓)

オススメ記事