目次

ウォーターフォールとは何か

滝の流れる自然の風景を想像させるウォーターフォール(Waterfall)という言葉ですが、現代においてはソフトウェア開発の進行方法やビジネスフィールドでのプロジェクト管理手法を指します。

ウォーターフォールの起源

この方法論は、1970年に米国のソフトウェアエンジニアであるウィンストン・ロイスによって最初に提唱されました。彼の論文「マネージング・ザ・デベロップメント・オブ・ラージ・ソフトウェア・システムズ」において、このモデルが世に紹介されたのです。

ウォーターフォールの特徴

ウォーターフォールモデルは、その名前が示す通り、一連のフェーズが上流から下流へと順番に進行することから名付けられました。具体的には、要件定義、設計、実装、テスト、保守の5つのフェーズがあります。そして、この各ステップは滝のように一方向に流れ、それぞれのフェーズが完全に終了した後に次のフェーズが開始されるという特徴があります。

ウォーターフォールの活用とその課題

ウォーターフォールモデルは、その明確な進行順序と各フェーズの完全性から、プロジェクトの全体像を把握しやすく、また要件の変更を最小限に抑えられるというメリットがあります。この特性から、製造業や建設業など、要件が固定しやすい業界でよく利用されています。

しかし、一方でこのモデルには課題もあります。それは、全ての要件を最初に完全に定義しなければならないという点で、市場環境の変化や技術の進化に対応しにくいという弱点が指摘されています。また、実装が進むまで製品の完成形を確認することができないため、問題が発覚した時には戻るのが難しいという問題もあります。

ウォーターフォールと現代の開発手法

これらの課題を解消するために、現代では「アジャイル」という手法が主流となっています。これは、一定の期間(スプリントと呼ばれる)ごとに開発と反省を繰り返し、必要に応じて要件を柔軟に変更するという方法です。このように、ウォーターフォールとアジャイルは、一見対立する手法のように見えますが、適切な場面で適切な手法を選択することがプロジェクト成功の鍵となるのです。

以上、ウォーターフォールについての概要からその活用、そして現代の開発手法との関連までを詳細に解説しました。この情報が、ソフトウェア開発やプロジェクト管理の理解を深める上での参考になれば幸いです。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事