目次

VUCA 4つの頭文字

VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとった造語であり、我々が生活し、ビジネスを展開している現代社会の特徴を表現しています。日本での読み方は「ブーカ」もしくは「ブカ」が一般的です。

Volatility(変動性)

変動性とは、市場や社会環境が予測困難な速度で変化する性質を指します。テクノロジーの進歩や経済の動向、自然災害や大規模な社会運動など、多くの要素が互いに絡み合い、複雑に作用して状況を変えていきます。これらの変動は速度や振れ幅が大きいため、予測し対応することが難しいのです。

Uncertainty(不確実性)

不確実性は、未来の出来事や状況が予知できない、または予測が難しい状況を示します。変動性が強いほど、当然不確実性も高まると言えるでしょう。未来予測の難しさは、情報が不足している場合や情報があってもその信憑性が確認できない場合に特に顕著になります。

Complexity(複雑性)

複雑性とは、事象や状況が多数の要素や関係性によって形成され、それらが複雑に絡み合っている状態を指します。このような状況では、一部の要素や関係性の変化が他の部分にどのような影響を及ぼすかが直感的に理解し難くなります。

Ambiguity(曖昧性)

曖昧性は、事象や状況の意味や原因がはっきりとしない、または複数の解釈が可能な状態を示します。曖昧性は、新たな状況や未知の問題に直面した時、既存の枠組みやモデルが適用できない場合に特に高まるのです。

現代社会におけるVUCAの具体例

VUCAの各要素は、我々の日常生活やビジネスの中で、実際に見受けられます。例えば、新型コロナウイルスの流行は、医療、経済、社会生活のあらゆる面に深刻な影響を及ぼしました。このパンデミックの発生は、VUCAの全ての要素を一度に経験するという、顕著な事例と言えるでしょう。

新型コロナウイルスとVUCA

まず変動性については、ウイルスの感染速度や感染力、ワクチンの開発と配布、そしてそれに伴う社会生活の変化など、高速で頻繁に変化する状況が生じました。次に不確実性ですが、新型ウイルスの性質や影響、感染の終息時期など、未来予測が難しくなる状況が確認できます。複雑性は、ウイルスの感染拡大が社会経済や人々の生活、精神状態など、多面的に影響を及ぼす点で表れています。そして最後に曖昧性は、パンデミック対策の適切な手段や、長期的な影響についての解釈が分かれるところに見ることができます。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事