目次

パタニティハラスメントとは

パタニティハラスメント、一般にパタハラと称される現象は、男性従業員が子育てを始めると、職場で差別や嫌がらせを受ける事象を指す。この言葉は、英語の”Paternity”(父性)と”Harassment”(嫌がらせ)を組み合わせた和製英語といえます。

パタハラの具体的な形態

パタハラの具体的な形態には、昇進のチャンスを奪われる、仕事量の過剰な増加、身体的または精神的な嫌がらせなどが含まれます。いずれのケースも、男性が家庭生活と仕事を両立しようとすることが原因となります。

パタニティハラスメントの背景

パタハラは、社会全体の男性に対する役割期待と強く結びついています。伝統的に男性は”家族の稼ぎ手”という役割が求められ、子育ての一部を担うことが珍しいとされてきました。そのため、職場で子育てに積極的な男性を不利に扱う風潮が生まれたのです。

法律とパタハラ

現代では、男性も育児を含む家庭生活の一部を担うことが期待され、これに対応するための法的な枠組みも整備されてきました。例えば、日本では2005年に改正された育児休業法では、男性も育児休業を取得できるようになりました。しかし、法律の進歩にもかかわらず、パタハラは依然として社会問題として存在します。

パタニティハラスメントの影響

パタハラは、個々の従業員だけでなく、職場全体にも影響を及ぼします。パタハラを受けた男性は、自己尊重感の低下、仕事へのモチベーション喪失、身体的・精神的な健康問題を経験することがあります。

パタハラと労働生産性

また、パタハラは組織全体の生産性にも影響を及ぼします。職場環境が働きやすいものであることは、従業員のモチベーションを高め、生産性を向上させます。逆にパタハラが存在する職場では、その影響で働きづらい環境が生まれ、生産性が低下する可能性があります。

パタニティハラスメントの解決

パタハラを解決するためには、社会全体の意識改革が必要です。男性が子育てに積極的に関与することを推奨し、職場でこれをサポートする文化を醸成することが重要です。

政策と教育の役割

パタハラを解消するための一つの方策は、政策と教育の推進です。法律の制定や改正により、男性の育児参加を保証することが求められます。また、パタハラについての教育を通じて、職場での意識改革を促すことも重要な役割を果たします。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事