目次

ジャストアイディアとは

ジャストアイディアとは、新たなアイディアや概念を創出するための思考法です。その基本的なアプローチは、自分の中にある既存の思考フレームワークを一旦放置し、完全に新しい視点から問題や課題を見つめることにあります。

ジャストアイディアの源泉

初めてこの用語が使われたのは、20世紀の初め、アメリカでのビジネス会議の場でした。会議の参加者たちは、いつもとは違うアプローチで問題解決に取り組む方法を模索し、そこで生まれたのがジャストアイディアという概念でした。この思考法の中心には、既存の思考枠組みやパラダイムを一旦置き去りにし、新たな視点から問題解決に挑むという勇気が求められます。

ジャストアイディアとビジネス

近年では、多くのビジネスシーンでジャストアイディアが活用されています。例えば、製品開発の場面で、既存の製品ラインに囚われず、新たな消費者ニーズに対応する全く新しい製品を生み出すために、ジャストアイディアが活用されます。さらに、企業の組織風土や戦略の策定においても、ジャストアイディアが重要な役割を果たします。

ジャストアイディアの活用法

ジャストアイディアを活用するためには、まず自分の頭の中にある既存の思考枠組みを意識的に放置することが必要です。これは、自分が持っている知識や経験、信念を一旦脇に置くという意味で、これにより全く新しい視点から物事を考えることが可能となります。

ジャストアイディアの活用法: 創造力の活性化

ジャストアイディアの活用法の一つとして、創造力を活性化する方法があります。これは、自身が持っている既存の思考パターンや経験を忘れて、新しいアイデアを生み出す力を高めることを目指す方法で、新しいプロジェクトや製品開発の初期段階で有効な手段と言えるでしょう。

ジャストアイディアの活用法: プロブレムソルビング

ジャストアイディアは、困難な問題解決にも有効な手段となります。特に、従来の方法で解決が難しい課題に対しては、新たな視点から問題を見つめ直すことで、未見の解決策を見つけることが可能となることもあります。

ジャストアイディアの可能性

ジャストアイディアとは、自分自身の思考の柔軟性を高め、新たな可能性を探求するための道具なのです。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事