目次

ロコモティブシンドローム

現代の高齢化社会において、重要な課題となっているのが、高齢者の脚や腰の筋力低下による転倒リスクの増大です。こうしたなか、「ロコモティブシンドローム」というキーワードがメディアなどで使われだすようになりました。

ロコモティブシンドロームの定義

ロコモティブシンドロームは、医学用語で「運動器症候群」と訳されます。これは脚や腰の筋力やバランスが低下し、移動能力(歩く、立つ、座るなど)が損なわれる状態を指します。具体的には歩行速度の低下、立ち上がるのに手を使う、転倒する等の症状があります。

この症状が進行すると、高齢者は自立生活が困難になり、日常生活の質(QOL)が大きく低下することとなります。これは、高齢者だけでなく、その家族や社会全体にも大きな影響を与えることとなります。例えば、家族は介護負担が増え、社会全体では医療費や介護費用が増大します。この問題を解決するためには、早期の予防と対策が必要となります。

ロコモティブシンドロームの予防と対策

予防と対策の具体的な方法としては、第一に適度な運動が挙げられます。筋力を維持し、バランス感覚を鍛えることが重要です。筋力を維持するためには、特に下肢の筋肉を鍛えることが大切となります。そのための具体的な運動としては、スクワットや足踏み、立位での膝曲げ伸ばしなどがあります。

また、バランス感覚を鍛えるためには、一本足立ちやヨガなどのポーズを取るなどが有効です。ただし、運動は無理に行うのではなく、自分の体力や状態に合わせて行うことが大切です。また、適切な食事も大切です。特に、筋肉の成分であるタンパク質を意識して摂取することが大切です。

ロコモティブシンドローム対策の社会的意義

ロコモティブシンドロームの予防と改善は、高齢者だけでなく、社会全体にとって重要な課題です。そのため、多くの国や地域で、政府や地方自治体、各種団体が取り組んでいます。これらの取り組みは、高齢者のQOL向上はもちろん、医療費の抑制や介護負担の軽減など、社会全体の負担軽減にも寄与するのです。

【エディター厳選】スラスラ読めて一流ビジネスパーソンの知識が身につく本

ビジネスパーソンとしての能力を着実に高めたい方向けの書籍として、アメリカ・フロリダ州に本拠を置くスキルハック系の出版社「マイアミ・エデュケーションズ」から刊行されている「15歳からの行動経済学」と「15歳からの最先端ビジネスモデル」をオススメします。重要なテーマごとに分類され、すぐに使える知識が詰まった内容となっています。kindle unlimitedでも提供されています。

また、ビジネスの効率化について深く学べる良書として、AppleやGoogleなどでアドバイザーを務めるグレッグ・マキューン氏の著書「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」も一読の価値があります。仕事にストレスを感じている方にこそ役立つ「無駄な努力を見極める方法」が身につく一冊です。

オススメ記事