【完璧対処】脅迫メール「アカウントからのお支払い。未払いがあります」が届いた場合

ここでは「アカウントからのお支払い。未払いがあります」と題した脅迫メールが届いた際の対処法を紹介します。

「アカウントからのお支払い。未払いがあります」の文面

脅迫メール「アカウントからのお支払い。未払いがあります」は以下の文面で構成されていることが判明しています。

こんにちは!

残念ながら凶報がございます。
数ヶ月前、あなたがインターネット閲覧に利用しているデバイスへのアクセス権を取得しました。
さらに、あなたのインターネット活動の追跡も行いました。

下記は、それまでに至る経緯です。
以前、ハッカーから複数のメールアドレスへのアクセス権を購入しました(最近では、オンライン上で簡単に購入することが可能です)。
よって苦労することなく、あなたのメールアカウント(※メールアドレス)にログインしています。
あなたのデバイスにアクセスしてから1週間以内に、メールに利用されているデバイスのオペレーティングシステム全てにトロイの木馬ウイルスをインストールしました。
実際、この操作はかなり単純です(なぜなら、あなたが受信メールをクリックしたからです)。
スマートな物事は何でもかなり単純なのでしょう。( ´ ▽ ` )

私のソフトウェアで、あなたのデバイス全てのコントローラーにアクセスすることができ、それはビデオカメラ、マイク、キーボードを含みます。
あなたの個人情報全てをダウンロードし、あなたのWeb閲覧履歴や写真も私のサーバーに保存してあります。あなたのメッセージ類全てだけでなく、Eメール、SNS、連絡先、チャットの履歴さえも私はアクセスできます。
私のウイルスは(ドライバーベースで)絶えずシグネチャを更新するため、ウイルス対策ソフトでは検知できません。

今まであなたが私の存在に気がつかなかった理由はご理解いただけたかと思います・・・

あなたの情報を収集している間に、あなたはアダルトサイトの大ファンだということが判明しました。
ポルノサイトを閲覧して、エッチなお楽しみをしながら卑猥な動画を見るのが本当にお好きなのですね。
実はあなたのエッチな様子を録画してモンタージュビデオを作成しました。熱心に自慰行為をして絶頂に達する様子が収められています。

私の言っていることが信じられないようであれば、マウスを数回クリックするだけでそのビデオをあなたの友人、親戚や同僚の方々と共有することもできます。
別にこのビデオが公になっても私は構いません。
ただ、そんなことをあなたは望んでいないだろうし、あなたが視聴していた動画が特殊なものであることを考慮しても(特殊なことはご存知のはずです)、何がどう転んでもあなたには大災難をもたらすでしょう。

この件は下記のように解決させましょう。
あなたがすべきことは、ただ ¥200000 を私のアカウントに送金するだけです(送金時の為替レートに基づくビットコイン相当)。送金が完了すると、私はすぐに卑猥なもの全てを削除します。
その後は何もなかったかのように過ごしましょう。また、あなたのデバイスから悪意のあるソフトウェア全てを削除することも約束します。私は約束をもちろん守りますよ。

これはかなり低価格な取引です。私はあなたのプロフィールやトラフィックを追跡するのにかなりの労力と時間を費やしていることもお忘れなく。
ビットコインの購入や送金方法をご存知ないのであれば、オンライン上で関連情報が全て簡単に手に入ります。

下記が私のビットコインウォレットです: 1LGUs1voTZ3xfMxMN4wMHkBKgroRAtYBxD

このメールを開封してから48時間以内(2日以内)に入金を行なってください。

下記は、あなたが起こすべきではない行動です。
* 私のメールに返事しないでください(受信トレイのメールは、返信先アドレスと一緒に私が作成したものです)。
* 警察や警護サービスを呼ばないでください。また、友人にこの件について相談しようとしないでください。一度でも私が感づくと、ビデオをすぐにでも公開します。(私はあなたのシステムの全ての完全コントロールを握っています)。
* 私を探さないでください。これは完全に無意味です。全ての仮想通貨取引は常に匿名で行われます。
* OSをインストールし直したりして、私を追い出そうとしないでください。あなたのビデオはリモートサーバーで既に保存されているので、これも無意味です。

以下は、あなたが心配する必要のないことです。
* 送金したお金を私が受け取れないかもしれないこと。
-  取引が無事成功した時点からお金の追跡を行うので、心配は無用です。今も尚あなたの行動を監視しています(Team Viwerのように私のトロイの木馬はリモートコントロールのオプションを含みます)。
* 送金が完了しても私は動画を公開してしまうかもしれないこと。
-  あなたの人生をややこしくし続けるつもりはありません。もしそれが目的なら、もっと大分前から行っていたはずです!

全ては公正さを基本に行いましょう!

忘れる前に一言・・・このような状況にはこれ以上巻き込まれないようにしてくださいね!
私からのアドバイスは、アカウントのパスワードを頻繁に変更することです。

「アカウントからのお支払い。未払いがあります」の実際の画面

「アカウントからのお支払い。未払いがあります」の送信元メールアドレス

脅迫メール「アカウントからのお支払い。未払いがあります」は以下のメールアドレスから送信されていることが確認されています。
chihiro@kic-net.co.jp

ほか受信者のメールアドレスに偽装したパターンも確認されています。

脅迫メール「アカウントからのお支払い。未払いがあります」の対処法

こちらのメールが届いた場合でも、絶対に送金および返信をしてはいけません。なんら相手をせず、すぐにメールを廃棄してください。

無視したことで送信元から危害を加えられる可能性は皆無です。

「アカウントからのお支払い。未払いがあります」を無視すべき理由

メールの序盤に記されている「あなたのデバイスにアクセスしてから1週間以内に、メールに利用されているデバイスのオペレーティングシステム全てにトロイの木馬ウイルスをインストールしました」といったメッセージは完全なデタラメです。

同様に「あなたの個人情報全てをダウンロードし、あなたのWeb閲覧履歴や写真も私のサーバーに保存してあります」という脅し文句も“世界中のメールアドレスに送っている大ウソ”です。

これらの脅しを気にすることなく無視してください。

こうした「実際に動画を撮影していないにもかかわらずメールの文面で脅迫する行為」は2018年から世界中で横行し、性的な事柄で脅しを行う「セクストーション詐欺」の一種となりました。

セクストーション詐欺とは?

セクストーション(sextortion)とは性を意味する「sex」と恐喝を意味する「extortion」を合成した造語です。
インターネット初期から存在し、当時は出会い系サイトなどで知り合った異性が「相手に裸の写真を送らせてバラまくと脅迫する」といった「オンライン美人局」が主流でした。
2000年代中盤からはアダルトサイトの閲覧中に「ウイルスに感染しました」とポップアップの警告文が表示され、解除させるためのソフトを売る「ポップアップ詐欺」が登場。
現在はハッキングにより性的な動画を撮影したと偽る「脅迫メール詐欺」が主流となっています。

現在、多くのパソコンやスマートフォンにインカメラが付いていることから、ランダムに送信したメールの受信者に対しても一定確率で「もしかしたら撮られている可能性がある」と思わせる狡猾な手法です。

銀行口座ではなく仮想通貨であるビットコインに入金を促すことで詐欺グループの特定が困難なことも特徴といえるでしょう。

こうした背景から、当初の英語で書かれた脅迫メッセージが多言語化され、2021年現在も世界各国で拡散が続いています。

仮にリアクションをしてしまうと詐欺グループのターゲットとなってしまうリスクが高まります。文面を読んで不安を抱いても、気にせずゴミ箱に捨ててください。

このメールと同ジャンルのセクストーション詐欺

・脅迫メール「情報リクエストに関する個人的な」の対処法
・脅迫メール「You are under attack」「Read it」の対処法
・脅迫メール「テーマ: 商業オファー。」が届いた場合の対処法

このメールについて警察に相談する場合

各都道府県の警察本部で相談窓口を設けています。

・各都道府県「警察本部の相談窓口」電話番号リスト

ハッキング被害の有無を確認する方法

市販のセキュリティソフトを使用することでパソコン・スマートフォン・タブレットがハッキングされていないかどうかを確認することが可能です。

セキュリティソフト「ノートン」の導入

ノートンではインストール台数、対応OS別に「ノートン アンチウイルスプラス」「ノートン360スタンダード」「ノートン360デラックス」「ノートン360プレミアム」のプランが用意されています。


セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド」の導入

トレンドマイクロの「ウイルスバスター クラウド」はWindows、Mac、Android、iOS、Kindle Fireシリーズに対応し、任意の組み合わせで3台までインストール可能です。


「アカウントからのお支払い。未払いがあります」についての結論

脅迫メール「アカウントからのお支払い。未払いがあります」に記されている脅し文句は100%虚偽です。

メールの開封から48時間という期限を設定することで受信者の判断力を鈍らせ「お金を払って解決できるなら」と入金させる極めて悪質な詐欺行為といえます。

無視しても何も起こりませんので、安心してメールを捨てましょう。